虐待防止の取組み

私たち「ワークサポートひかり」(以下、ひかり)は、障害者に対する虐待が障害者の尊厳を害するものであり、障害者の自立及び社会参加にとって障害者に対する虐待を防止することが極めて重要であることを認識し、「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」(以下、障害者虐待防止法)を遵守し、虐待防止の取組みを推進いたします。

障害者虐待とは

 虐待は様々な場所で起きています。障害者虐待防止法では、虐待の起こる場所を3つに分類しています。

  1. 養護者(家族・同居者等)による虐待:主に家庭内での虐待です。
  2. 障害者福祉施設従事者等による虐待:入所施設または障害福祉サービス事業所に係る業務に従事する者からの虐待です。
  3. 使用者による虐待:障害者を雇用する事業主や事業所の労働者からの虐待です。

 

虐待の類型

 以下のようなことが虐待になります。

  • 身体的虐待:殴る・蹴る・縛りつける等、傷や痛みを負わせる暴行を加える。
  • 心理的虐待:怒鳴る・悪口を言う・わざと無視する等、精神的な苦痛を与える。
  • 性的虐待:裸にする・性交等、障害者にむりやりわいせつなことをしたり、させたりする。
  • 放棄・放任(ネグレクト):十分な食事を与えない・必要な医療を受けさせない等、世話や介助をせず心身を衰弱させる。
  • 経済的虐待:本人の同意なしに、本人の年金や賃金を与えない・本人の預貯金をかってに使ってしまう。

 

障害者虐待をなくすために
  • 障害者やその家族を孤立させないようにしましょう。地域で見守ることにより、虐待の防止や早期発見につながります。
  • 虐待または虐待の疑いを発見したら、速やかに通報しましょう。障害者虐待防止法では通報の義務があります。なお、通報した人の個人情報は守られますので、安心してください。また、誤報であっても罰せられることはありません。

 

虐待かな…と思ったら

 虐待もしくは虐待の疑いがあると思われた場合には、障害者虐待防止センター(市役所障害福祉課内)へ通報をしてください。障害者虐待の通報・届出があった場合には、障害者虐待防止センターにおいて緊急性の有無を判断します。緊急性が高いと判断した時は、障害者の安全確保を最優先に迅速に対応します。

 「虐待してしまうかも…」「虐待してしまっている…」このようなお悩みをお持ちの方は、障害者虐待防止センターまでご相談ください。

 

相談・お問合わせ先
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中